害獣駆除の豆知識・ネズミだけじゃない!侵入してくる害獣を撃退

この記事では害獣駆除について詳しくご紹介しています。民家に侵入してくる害獣はネズミだけではありません。アライグマなどの外来種による被害も問題になっています。ただ、害獣駆除には法律や条令が絡むことも多く、駆除が難しいことも現実です。

害獣たちはあなたの家の近所にも

害獣駆除

ネズミは、昔から私たちを悩ませてきた害獣です。現在もネズミによる被害は多いのですが、近年、特徴的なのは野生動物による被害が増えていることです。家の近所で見慣れない動物を見かけたことはありませんか?東京近郊でもアライグマのような、本来は日本にはいなかった外来動物による被害は発生しています。首都圏においても、まだまだ雑木林など、動物が住める環境は残っているので、駅からの帰り道に突然、アライグマの親子に遭遇してしまうかもしれません。かわいいイメージがあるアライグマですが、その性質については最近、多くの人が知るところだと思います。

私たちの近くには、このアライグマのように迷惑な害獣がほかにも存在しています。どんな野生動物による被害がよく起きているのでしょうか?

アライグマ

やはり、まずはアライグマから紹介しておきましょう。現在、害獣とされているアライグマは、元々は北米からペットとして持ち込まれたものが逃げる、放たれるなどして繁殖したものだと考えられています。尾にストライプ模様があり、白いひげ、目の周辺と鼻筋が黒っぽくなっていることが特徴です。かわいらしい外見ですが、果物から穀物、肉類まで食べる雑食性で、攻撃的な性格も持っています。

タヌキ

タヌキは、アライグマによく似たイヌ科の動物です。日本人にとっては親しみのある動物ですが、このタヌキによる被害も発生しています。目の周辺はアライグマに似た感じもありますが、タヌキの鼻筋は黒くありません。しっぽの縞模様もないので、このあたりに注目すると見分けられるでしょう。床下などに住み着いて、人間に迷惑をかけることがあります。

ハクビシン

ハクビシンは、ジャコウネコの仲間です。昔から日本にいるようですが、元々は海外から持ち込まれたといわれています。アライグマやタヌキとは異なり、鼻筋が白いのでかんたんに見分けられます。定住する性格はないのですが、排泄を決まった場所で行う性質があり、人間に迷惑をかけることがあります。

アナグマ

タヌキ同様、元々、日本にいる動物です。アナグマも目のまわりが黒いのですが、タテ方向の特徴的な模様なので、比較的見分けはつきやすいでしょう。タヌキと似たような行動をする、里山などで見かけることの多かった動物なのですが、最近は都市周辺でも見かけられるようになっています。

害獣に出くわしてしまったら

害獣対策

アライグマやタヌキは、考えているよりも身近にいます。里山を造成した住宅地などの場合、雑木林と民家が隣接していることも多く、昼間は見かけることがなくても、夜間は特に遭遇する確率が高まります。

アライグマもタヌキも、ハクビシンもアナグマも、どれもかわいらしく見える動物ですが、野生動物であることに変わりはありません。犬や猫と同じようにエサを与えようとしたり、なでてみようとしたりすることは、絶対にやってはいけないことです。ここからは、害獣に出くわしてしまったときに私たち人間がとるべき行動について解説します。

エサを与えない

野生動物には、絶対にエサを与えてはいけません。公園のハトにエサを与えるのとはわけが違います。野生動物は、人間がエサを与えることで、人間がエサを持っていることを学習します。ただ、人間の思惑に反して、野生動物が慣れることはありません。逆に人間を襲う可能性があります。野生の動物にエサを与えることは、生態系の破壊につながるおそれもあります。外来種であり、日本の自然にいるはずのないアライグマであっても、自然に生きる動物にエサを与えることは禁物です。実際に、野生の猿が人間を襲った例もあるので、絶対に野生動物にエサを与えないでください。

さわろうとしない

エサを与えることが禁止なら、さわることも当然禁止です。野生動物には病原菌や寄生虫がいます。爪も歯も、ペットのように手入れされているわけではありません。さわる気はなくても、興味本位で近づかないようにしましょう。害獣が興奮して襲ってくる可能性があります。

飼わない

ここまで順番に説明してきて、飼う人はいないとは思いますが、これは非常に重要なことです。野生動物は、それが害獣であったとしても、法律や条例により許可なく捕獲や飼育をしてはならないと定められています。いかなる理由があろうとも、国・自治体から許可を得ないことには、飼育できないのです。これはアライグマなどの害獣に限ったことではなく、いつも見かけるスズメやハトにも同じことがいえます。

害獣がいるサインを見逃さないことが重要

大阪の害獣駆除

近くで害獣の目撃情報があるということは、近くに害獣の生活拠点があることを意味しています。さらに、庭が荒らされるなど、これまでにないような変化がある場合は要注意です。そのような場合は、住み着かれる前に、何らかの対応をとることが望まれます。

天井裏から音がする

害獣が民家に侵入してくる理由は、エサを目的としているか、住むことを目的としているか、そのどちらかです。野生に暮らしているので、害獣とはいえ、天敵はいます。天敵から身を隠す場所として、近くにちょうどいい建物があれば、侵入してくる可能性はあるでしょう。なんといっても、民家なら外敵に襲われることがありません。安心して子育てもできます。そんな害獣が潜り込みやすいのが天井裏です。天井裏にはネズミがよく入り込みますが、アライグマクラスの大きさの動物も住み着くことがあります。かなり大きな足音が聞こえてくるようになるので、完全に住み着く前になんとか追い出したいところです。

フン尿臭がする

野生動物の中には、フン尿を1ヶ所に溜め込む習性を持つものも多くいます。屋根裏や庭先などにフン溜まりがあるような場合は要注意です。野生動物のフン尿には、寄生虫が混じっています。フン尿はニオイも強烈なので、手袋やマスクで防備してから掃除しましょう。自力ではちょっと難しいという場合は、業者に作業を依頼することをおすすめします。しかし、フン尿をかたづけるだけでは解決になりません。できるだけ早く害獣駆除の専門家に相談することをおすすめします。

食物を荒らされる

家庭菜園の野菜や生ゴミ、ペットフードなどが荒らされていたら、それはおそらく害獣の仕業です。害獣の多くは雑食性なので、食べられないものはあまりありません。一度、味わってしまうと、害獣も「あそこには食べ物がある」と考えるようになるので、すぐにまた現れるでしょう。生ゴミは家の外に放置したりせず、指定の日に出すことが重要です。とにかく害獣の手の届く範囲に食べ物を置かないようにしましょう。

害獣の被害で困ったら、まずは駆除業者へ

害獣駆除業者

害獣の被害は、相手が野生動物になるため、対策をとるだけでも厄介な場合があります。相手は迷惑な存在なのに、鳥獣保護管理法などの対象になっているため、下手に手出しをすることができないのです。害獣の被害にあったら、まずは駆除業者に相談してみましょう。国や自治体への連絡が必要なケースでも対応してくれます。状況に合わせて、駆除方法も提案してくれるでしょう。